スポンサーサイト

  
Posted by スポンサー広告 at

2015年05月25日

第5回 ~こだわりの乾燥~

小国ウッディ協同組合のブログようこそ!

みなさん、お久しぶりです!
本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございます!

夏を間近に感じるような暑さになってきましたね~
小国の山々の緑がいっそう生き生き見えますよ^^icon12

ウッディ事務所ではこの時期
夏の暑い日差しを和らげるために「緑のカーテン」
設置する作業を行います!

今年の緑のカーテンは

ゴーヤかぼちゃ に決定!!!

ゴーヤについては賛否両論ですが、、、、
ゴーヤ好きのかいなはうれしいです。

はやく大きくなあれっ!!


さて、今回のウッディ自慢は
第5回 ~こだわりの乾燥~です!

乾燥を担当するのは堤さん

4tトラックの前で、さわやかにキメる 堤さん!
ブログ撮影に積極的に協力してくださいました!ありがたい!

小国ウッディ自慢の乾燥は
なんと、小国町の温泉を湧き出させる「地熱」を利用するのです!!!

その特徴は
①重油を使わず、二酸化炭素を排出しません。
②中ぐらいの温度で時間をかけて乾燥するので、
小国杉の色や香りが逃げません。


という環境にも木にも良い乾燥法なのです。



では、実際に堤さんのお仕事内容を見てみましょう!!

まず、 工藤さんと月隈さんが用意した荒材(製品の大きさに荒削りしたもの)
を乾燥機に入れやすい状態にきれいに並べて結束します。
右の細長い木は「さん木」といって、乾燥の際に板がそらないように
重ねる板と板の間に入れる木のことです。
左側はさん木を入れてまとめられている板です。


こうしてまとめられた板や、その他の荒木は
堤さんの運転する4tトラックにて
丁寧に運ばれます。


地熱乾燥施設はこちら!

運ばれた荒木たちが、乾燥される、そのときを待っております。


堤さんはリフトを使って
乾燥が終わった荒木の束を取り出し、
新しい荒木を乾燥機の中に積み込んでいきます。

そして最後には木が沿らないように重石をのせます。

乾燥機の中身をチラッとお見せしますね!
このようになっております。

ギザギザの部分から地熱が出てくるようになっています。

そして乾燥機にすべて入れ終わると、
次は取り出した乾燥後の荒木をトラックに積む作業です。

乾燥したもの取り出す→新たな荒木を乾燥機に入れる→乾燥した荒木をトラックに積む
というシンプルな工程ですが、なにせ大きな束なので
リフトを使う大きな作業となり、
すべての工程は1時間半ほどかけて丁寧に行われるのです。

下の写真は積み込みの様子。
トラックで輸送する際にずれたり、落ちたりしないように
しっかり固定します。




小国町の岳の湯 という温泉の熱の力は
人間を癒すだけでなく、小国杉を乾燥させることもできるのです。

地元の資源を有効に使った小国杉の製品。
他には真似できない阿蘇小国ならではの
こだわりの乾燥法
でつくられているのです!

工場内の作業だけでなく
輸送も含めた大掛かりな乾燥工程を担当する
堤さん!

趣味はカメラ
神楽や小国の景色などなど撮影に行くのが
趣味なのだそう!

今回はブログの写真にこれを載せてほしいと
積極的に情報を提供してくださいました!

堤さんの愛機!ご紹介しますよ~!
こちら!
右のレトロチック カメラが堤さんの最近のお気に入りなんだとか。




以上!
第5回~こだわりの乾燥~ でした!

次回もお楽しみに!!!
  

Posted by 小国ウッディ協同組合 at 00:36Comments(1)

2015年05月07日

第4回 ~大忙しのテーブル~

小国ウッディ協同組合Blogへ ようこそ~!

本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございます~!icon12

カイナです!お久しぶりです!
長らく小国ウッディ自慢シリーズをお休みしておりました・・・
申し訳ございません・・・
ぼちぼちですが、更新していきますので
どうかこれからもお付き合いください~!!


入社して1か月が経ちました!
ようやく 寸や尺の表現が聞き取れれたり、
建築用語が日常会話で使えるようになってきた今日この頃。

とってもうれしい出来事がありました!!!!
ずっと欲しいと思っていた
「結束カッター」


プレゼントしていただきました~!
※名刺も作っていただきました。まだ修業中ですのでそのときまで大切に保管です!

「結束カッター」とは、フローリング等の製品をきれいに束にし、
ひもでまとめて縛った後に使用するカッターのこと!

これを、このように


ズボンのベルト通しにくくりつけて、
スムーズに使えるようにセットしておくのです。



紐が手作りでかわいらしいです。
あまりにもうれしくて
特に結束作業の手伝いを頼まれなくても、
常にこのカッターをズボンにセットしているカイナです。

っとここまで、前置きが長くなりましたが・・・

第3回の甲斐さん担当の「噂のノーマン」につづいて・・・
第4回 「テーブル」という機械とその作業内容について
ご紹介します~!


さっそく、「テーブル」という機械のある施設に潜入!
こちらです。


奥から
①第2回でご紹介した森口君の原木の皮むき
②第3回でご紹介した甲斐さんのノーマン

そして、手前の入口が今回の  「テーブル」の設置場所です!
何やら、たくさん木材が積んである様子がうかがえます。

テーブルという機械
このような形をしております。


名前の通り
「テーブル」のような形をした台を使って作業を行います。


このテーブルを担当しているのは
月隈さん(左)工藤さん(右) のお二人です!!

右側から入れた材が
フローリングや壁板等、それぞれの材料にふさわしい幅、厚み変換されて左側から出てきます。

この、左側から出てきた最終加工前の段階の材は
「荒材」と呼ばれています~。


こちらが
フローリングや壁板などの内装材用に甲斐さんが製材した材
です。


これを工藤さん・月隈さんペアが
フローリング等、必要な板材の寸法に合わせてさらに製材していきます。

さすが小国杉!きれいなピンク色~


このように

製材できた 材は右側に置いていきます。
※工藤さんの後姿です。

できた製品は
このように積んであります。





実はこのテーブルの工程は
工場の中で一番多くの種類の材料を扱うところ
 
なのです!
なんと14種類もの形に変換させるのです!

甲斐さんがノーマンでカットした原木を
それぞれの製品の原形を作るのが
工藤さん・月隈さんの役割。


それにしても14種類を扱うなんてすごい~!

「必要な製品の原型に仕上げる」と簡単に言っても
その作業はコンマ~ミリの 世界!!


刃物の厚みや木の性質から
若干のゆがみやズレが生じますが
それらを見極めて管理し、修正しながら製品の原型を作っていきます。

匠の技ですね~

この工藤さん・月隈さんがつくった「製品の原型」がどんな加工を施されて
製品として完成にいたるのでしょうか~?!?!


ここまでの過程を見ていると
気になって仕方がないですね~!!

次回は
「第5回~板をより美しく~埋木の作業~」

をお送りします!!



  

Posted by 小国ウッディ協同組合 at 17:02Comments(2)

2015年05月02日

お客様がいらっしゃいました!

小国ウッディのブログようこそ~icon12


本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございます~!
みなさん、ゴールデンウィークはどのようにお過ごしでしょうか?


本日は、お世話になっている雅建設さんが
小国に来てくださいました~!

新しい社員さんが入られたということもあり
ウッディお得意の 小国杉と自慢の製材ツアー(ミニicon06
を行いましたよ!!




樹齢250年の小国杉と一緒に。
お天気がよく、鳥のさえずりとさわやかな風、小国杉の木漏れ日
がと~ても気持ちがよかったです!face05


見上げると広がる葉っぱと 太陽の光で万華鏡みたいです。



もちろん
小国の自慢!地熱を活かした木材の乾燥施設も見学しましたよ!




池先生の地熱乾燥塾


社長も熱心に聞いております!



地熱乾燥のある岳の湯では、ありとあらゆるところから 蒸気がでています!
社長、恐る恐る蒸気に触れています。笑



最後はお決まりの工場案内です
自慢の製材・加工を 順番に体感していただきました~!


何十年も何百年も大切に大切に手塩にかけて育てられた
小国杉が 柱やフローリングというかたちで
新たに息を吹き込まれる
その過程は何度体感しても
感動するものです。



多くの方に体感していただきたいな。  

Posted by 小国ウッディ協同組合 at 22:44Comments(0)