2015年05月25日

第5回 ~こだわりの乾燥~

小国ウッディ協同組合のブログようこそ!

みなさん、お久しぶりです!
本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございます!

夏を間近に感じるような暑さになってきましたね~
小国の山々の緑がいっそう生き生き見えますよ^^icon12

ウッディ事務所ではこの時期
夏の暑い日差しを和らげるために「緑のカーテン」
設置する作業を行います!

今年の緑のカーテンは

ゴーヤかぼちゃ に決定!!!

ゴーヤについては賛否両論ですが、、、、
ゴーヤ好きのかいなはうれしいです。

はやく大きくなあれっ!!


さて、今回のウッディ自慢は
第5回 ~こだわりの乾燥~です!

乾燥を担当するのは堤さん

4tトラックの前で、さわやかにキメる 堤さん!
ブログ撮影に積極的に協力してくださいました!ありがたい!

小国ウッディ自慢の乾燥は
なんと、小国町の温泉を湧き出させる「地熱」を利用するのです!!!

その特徴は
①重油を使わず、二酸化炭素を排出しません。
②中ぐらいの温度で時間をかけて乾燥するので、
小国杉の色や香りが逃げません。


という環境にも木にも良い乾燥法なのです。



では、実際に堤さんのお仕事内容を見てみましょう!!

まず、 工藤さんと月隈さんが用意した荒材(製品の大きさに荒削りしたもの)
を乾燥機に入れやすい状態にきれいに並べて結束します。
右の細長い木は「さん木」といって、乾燥の際に板がそらないように
重ねる板と板の間に入れる木のことです。
左側はさん木を入れてまとめられている板です。


こうしてまとめられた板や、その他の荒木は
堤さんの運転する4tトラックにて
丁寧に運ばれます。


地熱乾燥施設はこちら!

運ばれた荒木たちが、乾燥される、そのときを待っております。


堤さんはリフトを使って
乾燥が終わった荒木の束を取り出し、
新しい荒木を乾燥機の中に積み込んでいきます。

そして最後には木が沿らないように重石をのせます。

乾燥機の中身をチラッとお見せしますね!
このようになっております。

ギザギザの部分から地熱が出てくるようになっています。

そして乾燥機にすべて入れ終わると、
次は取り出した乾燥後の荒木をトラックに積む作業です。

乾燥したもの取り出す→新たな荒木を乾燥機に入れる→乾燥した荒木をトラックに積む
というシンプルな工程ですが、なにせ大きな束なので
リフトを使う大きな作業となり、
すべての工程は1時間半ほどかけて丁寧に行われるのです。

下の写真は積み込みの様子。
トラックで輸送する際にずれたり、落ちたりしないように
しっかり固定します。




小国町の岳の湯 という温泉の熱の力は
人間を癒すだけでなく、小国杉を乾燥させることもできるのです。

地元の資源を有効に使った小国杉の製品。
他には真似できない阿蘇小国ならではの
こだわりの乾燥法
でつくられているのです!

工場内の作業だけでなく
輸送も含めた大掛かりな乾燥工程を担当する
堤さん!

趣味はカメラ
神楽や小国の景色などなど撮影に行くのが
趣味なのだそう!

今回はブログの写真にこれを載せてほしいと
積極的に情報を提供してくださいました!

堤さんの愛機!ご紹介しますよ~!
こちら!
右のレトロチック カメラが堤さんの最近のお気に入りなんだとか。




以上!
第5回~こだわりの乾燥~ でした!

次回もお楽しみに!!!


同じカテゴリー(小国ウッディ協同組合情報)の記事画像
小国杉  地産地消
兵庫県で活躍! 小国杉
新しい仲間紹介します!
小国杉のお家完成お披露目会
地震から4カ月
ありがとうございます!頑張ります!
同じカテゴリー(小国ウッディ協同組合情報)の記事
 小国杉  地産地消 (2016-09-30 14:59)
 兵庫県で活躍! 小国杉 (2016-09-17 15:31)
 新しい仲間紹介します! (2016-08-31 14:31)
 小国杉のお家完成お披露目会 (2016-08-24 17:17)
 地震から4カ月 (2016-08-11 11:52)
 ありがとうございます!頑張ります! (2016-04-28 11:14)

Posted by 小国ウッディ協同組合 at 00:36│Comments(1)小国ウッディ協同組合情報
この記事へのコメント
久しぶりブログに、訪問しました。しかし 更新?更新して~ ブログも、大事な情報発信ばい。マロのブログも、よろしく~
Posted by マロのとうちゃん at 2015年06月19日 18:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。